君の”未来への選択”をしっかりサポート!

私たちは、八戸市で「学校へ行かない」という選択をしたお子様の
学習支援を行っています。

NPO法人「絆」(きずな)

  • トップ
  • NPO法人「絆」(きずな)とは
  • 代表あいさつ
  • 最新情報
  • 活動報告
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
トップ > 活動報告

活動報告

不登校に関するアンケート調査

アンケートご協力のお礼

H24年11月に皆さまのご協力を得て実施しましたアンケート結果がまとまりましたので、ご報告させていただきます。
アンケート実施に際しましては、多くの方々からの貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。皆さまからお寄せいただいた貴重なご意見・ご要望をもとに、今後の運営について検討を行うとともに、地域の皆さまのお役に立てるよう頑張って参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

平成25年6月吉日

先日行われました不登校に関するアンケート調査の集計結果を公表いたします。この調査は、NPO法人絆が実施した八戸市内における不登校問題の研究調査のために行われたアンケート調査をまとめたものです。

問1:アンケート協力者(回答者) 23名

性別

男性 7名
女性 16名

年齢

40代 10名
30代 5名
50代以上 4名
未回答 4名

子供との関係

特に関係者ではない 4名
友人、知人が、もしくはその子どもが不登校 1名
 トップ

問2:不登校の子どもについて 6名

性別

男性 4名
女性 2名

年齢

15歳 2名
14歳 1名
12歳 1名
不明 2名

不登校になった学年

中学校1年 3名
小学校5年 1名
不明 2名
 トップ

問3:どういう理由で学校にいかなくなったと思いますか。

  • 学校でいじめにあっていた
  • 担任の先生と折り合いが合わない
  • クラスで疎外されているような感じ
  • 大人はわかってくれないという反抗心から
 トップ

問4:現在困っていることは?(不安・悩み) 48名

将来の不安(親・本人) 18名
世間の目がとても気になる 15名
学校についていけるか不安 12名
友達が家に来るのがいや 2名
友達が欲しいのに一人では困る 1名
先生の家庭訪問がいや 0名
 トップ

問5:どんな支援が必要か? 40名

学習の遅れを取り戻したい 14名
高卒の資格が取れるような支援 8名

ネット上でメールのやり取りが
できるような相手が欲しい

6名

毎日出かけることができる
安心できる場所が欲しい

3名
友達ができるような支援 2名
その他 4名
  • 社会に出て自立できるような支援
  • 手に職をつけさせたい
  • 学校との連携
 トップ

問6:学校へ行かなくなってから利用した支援・相談・医療機関等

  • 福祉会館
  • うみねこ教室
  • 病院
  • 学校の先生に相談
  • 民間の学習塾
 トップ

問7:これまでに利用した支援・相談・医療機関等での良かった点、良くなかった点

良かった点

  • 学校の勉強で遅れた分の学習ができた
  • 理解として受け入れてくれる所があるとわかった
  • 親が悩みを打ち明けることができる

良くなかった点

  • 期待していたような対応がなされなかった
  • この先どうすればよいか不安になった
 トップ

問8:不登校の子どもに対する支援で望むことは?

学校に対して

  • 学習の遅れを取り戻せるようにしてほしい
  • まわりの生徒との関わりを注意深く見てほしい
  • 平等に扱ってほしい
  • 家庭との連絡を密にしてほしい

行政に対して

  • 実態をきちんと把握してほしい
  • 働ける機会を優遇してほしい
  • 学校との連携

相談機関に対して

  • 些細なことでも相談にのってほしい
  • 親身になって話を聞いてほしい

フリースクール・民間教育機関

  • 学校での遅れを取り戻して欲しい
  • 学習以外の指導もしてほしい
  • 特別扱いをせず平等な対応をしてほしい
  • 社会に出られるまで居場所を作ってほしい

その他・ご意見等

  • 関係ないと思っていたが、自分にも起こり得ることと思う
  • 子どもが学校に行きやすい社会にしてほしい
  • 家庭での教育の大切さを改めて感じた
 トップ